C++のコンソール出力

C++のコンソール出力

2019年4月2日
C++

初めてC++のコードを書いて、コンパイル、実行させるとなると下記のようなコードが書籍に載っている。Cでは、コンソール出力は、printfを使っていたが「cout」というものを使うらしい。「cout <<」の次に表示させたい文字列や変数を記載する。「\n」は、改行である。

#include <iostream>
using namespace std;

int main()
{
  int i, j;
  double d;

  i = 10;
  j = 20;

  cout << "値を表示: ";
  cout << i;
  cout << ' ';
  cout << j;
  cout << ' ';
  cout << d;
  cout << '\n';

  return 0;
}
$ g++ sample1.cpp
$ ./a.out
値を表示: 10 20 0

上記のコード2行目「using namespace std;」を書かない場合は、「cout」部分を全て「std::cout」にする必要がある。

#include <iostream>

int main()
{
  int i, j;
  double d;

  i = 10;
  j = 20;

  std::cout << "値を表示: ";
  std::cout << i;
  std::cout << ' ';
  std::cout << j;
  std::cout << ' ';
  std::cout << d;
  std::cout << '\n';

  return 0;
}